自分のやりたいことが見つかったり、現状を変える為にする事といえば転職です。新しい事をする事はモチベーションも上がりますし、やる気も勝手に出てきます。しかし、転職となると現在の会社に伝えづらかったり、色々と細かく聞かれたりとマイナスの部分もあります。今までにない精神的な部分で疲れが来てしまうかもしれませんがしっかりと対応する必要があります。

 

 

特に、退職をするとなると円満に退職をしたいと考えます。どのように退職理由を伝えればいいのか、非常に迷うものです。また、長く勤めてきた会社で業務の中心などで働いてきたのであれば、上司から引き留めにあうことも予想されます。特に、小さい会社であれば人が欠ける事は大きな損失になりますので、上司以外にも社長などから直接引き留めに合うなんてケースもあります。お給料などの条件が上がったり、やりたい仕事をやらせてくれたり、忙しい所であれば適度に休みをもらえるという条件を言ってもらえる可能性もあります。

 

 

しかし、円満に退職をするためには会社の不平や不満は言わずに、自分の意志を貫き通す事が重要です。引き留めはあくまでも一時的なものかもしれませんので、一度退職を決めたのであれば態度は変えない事が大切です。

 

 

また、退職を伝える際には退職日等の期限には充分注意をする必要があります。いきなり退職しますと言っても、1週間後にすぐに退職という事は普通であれば難しいです。最低限1ヶ月前に退職の意向を伝える事が大切になります。業務の引継ぎや残っている有給休暇を使う事も考えた場合は、1ヶ月よりも長く設定して退職日を伝える事が必要です。円満に退職する為には、気を使う部分が多くありますが、気を付けて退職をする必要があります。

 

 

人気記事
30歳からの転職のコツ!差がつく仕事の探し方
30歳からの転職は今がチャンス


このページの先頭へ戻る